日本歯科インプラント普及協会

年間行事

スタッフセミナー

セミナーの様子

スタッフセミナーとは、名古屋が東京、大阪、福岡、札幌の4都市で定期に行っている院長先生とスタッフが一緒に参加することができるセミナーです。このセミナーにゴールド会員の歯科医院は無料で参加できます。参加は院長先生の他にスタッフの方が何人参加されても無料です。

セミナーの内容はマーケティング、コミュニケーション、チラシ・パンフレットの作成、会話術など、「売上げを増やす」「患者数を増やす」ことだけにフォーカスしてセミナーを行っています。

これらの内容をスタッフの方たちと一緒に受講することで、院長先生とスタッフのベクトルを同じ方向に向けていくことも、このセミナーの目的の1つです。

また、これらの内容は初めて参加される方でも容易に理解できるようにレジュメを構成されていますので、誰が参加されても、何度参加されても必ず学びがあると好評です。

そして、その成果もしっかりあがっている歯科医院がたくさんあります。

H27年度スタッフセミナー日程
  • 東京  
  • 1/18
  • 3/8
  • 4/26
  • 6/28
  • 8/23
  • 10/25
  • 12/13(総会)
  • 大阪  
  • 2/1
  • 3/15
  • 5/17
  • 7/5
  • 9/13
  • 11/8
  • 福岡  
  • 2/22
  • 4/5
  • 6/7
  • 8/9
  • 10/4
  • 11/15

セミナーの開催時間は、地域によって異なる場合がございます。
セミナーの会場は、後日確定後に公開する予定。

過去開催したセミナーの一部

2月5日 東京セミナー

2月5日 東京セミナー
主題「今年あなたの望む結果を
必ず手に入れるための質問」

今年最初のスタッフセミナーで、各医院が今年手に入れたい目標を立て、それをどうすれば手に入れられるかを学びました。

3月4日 東京セミナー

3月4日 東京セミナー
主題「TCに必要なコミュニケーションスキル」

外部講師をお招きして、コミュニケーションとは何か?患者さんに求められているものは何かを学びました。スタッフの方たちも大勢参加していただきました。

3月4日 東京セミナー

3月4日 東京セミナー
主題「TCと診療システム」

歯科医院の中でのTCの役割、資質、カウンセリング方法について、午前中のコミュニケーションスキルセミナーと合わせて、患者さんとの接し方について学びました。

4月8日 福岡セミナー

4月8日 福岡セミナー
主題「TCの育成」

この日のセミナーでは、2人1組でワークを行い、普段私たちが何気なくとっている患者さんとの会話がどの程度理解されているのかを、体験してもらいました。この体験は今後の患者さんとの接し方に大いに役立つはずです!

5月13日 東京セミナー

5月13日 東京セミナー
主題「カウンセリングトーク」

当会が推奨する4つのカウンセリング時の会話術を学ぶセミナー。特に補綴カウンセリングでは自費診療を増やすためのカウンセリングトークに時間をかけて学んでいただきました。

TC育成セミナー

TC(トリートメント・コーディネーター)とは、患者さんとのコミュニケーションをとることを専門に行うスタッフです。

いま多くの歯科医院がTCの必要性を感じています。ところが、スタッフを巷のTC育成セミナーに参加させても、TCをうまく機能させることができていないということが現状です。

その原因は、コーディネーターに求められる役割や資質、能力に院長先生もスタッフもこだわりすぎていることにあります。そこで日本歯科インプラント普及協会で行うTC育成セミナーでは、簡単なワークでコミュニケーション・スキルを体験させ、先ず、ふだんの仕事に必要なコミュニケーションの基本を学んでいただきます。

私たち普及協会では、このワークを体験していただくだけで、参加者全員にコミュニケーションとは何か、患者さんとの対応には何が必要かを理解していただいています。

その後、カウンセリングの目的、仕方、会話術を順次学んでいただきます。

前述したように、TCは患者さんとの医院との信頼関係を築くための重要な役割を担っています。そして、ただ単に治療に対する不安を取り除くだけはなく、患者さん自身が気づいていない潜在的ニーズもコミュニケーションやカウンセリングを通じて顕在化させ、患者さんの生活の質をあげたり、心の豊さを提供できる診療を目指していきます。

会員総会

総会セミナーでは、名古屋がその年に行ったセミナーのまとめを行います。
このセミナーに参加することで、スタッフセミナーに毎回参加することができなくても、日本歯科インプラント普及協会会員が実践し、結果を出し続けている独自の業績アップ法を理解できるようにしています。

さらに、セミナーの間に、1年間頑張って成果を残した歯科医院に対して記念の楯を贈り、表彰しています。この楯を受理することは、この1年間それぞれの医院が、それぞれの地域で歯科医療およびインプラントの普及に貢献したことを意味します。

送られる楯

平成23年度総会でお送りした楯。大きさは縦20cm、横15cm。23年度はインプラントの年間成約数が50本以上の53医院に授与しました。医院の受付前に置いておくことで患者さんにも、「私が通院している歯科医院は、インプラントに力を入れている歯科医院なんだ」というアピールにもなります。また、この楯を見て、「この歯科医院でインプラントを入れることを決意した」という患者さんもいるほどです。

平成23年度授賞式の様子

授賞式の様子。参佐久間先生は3月の震災後、成約数に伸び悩んでしましたが、今年は12月半ばまでに70本を超えるインプラントを施術しました。私が開業している町と同程度の2万人くらいしか人口がいない田舎町、しかも震災の影響をいまだに受けているという厳しい状況での受賞でした。

メルマガ登録

日本歯科インプラント普及協会に関する最新の情報をわかりやすくお伝えします。

姓 ※  (例)日本

名 ※  (例)太郎

メールアドレス ※

(例)nihon@example.com

メールアドレス(確認) ※

(例)nihon@example.com

医院名 ※